特集コラム

Column 5 西荻関連書籍ナビ

2010/01/29

第一回 『西荻夫婦』

column5001_01.jpg

これから、西荻ナビで掲載している西荻関連書籍のナビゲートをしていく。西荻窪に興味がある貴方と西荻窪に住んでいる貴方が、手にとってみたい本や気に入る一冊を見つけるお手伝いが出来れば幸いだ。

第一回目に選んだのは やまだないと著 『西荻夫婦』だ。本の種類は漫画。

一人で歩くことなんて考えられない。
(西荻夫婦p155より)

という、説明のようなよくわからない文章が添えられているので、気になった方も多いのではないだろうか。
この一文は、ほぼ全編漫画で構成されている本書の中で、物語が後半に差し掛かる頃に、突如として絵が一切ない文章だけのページが8ページ差し込まれた中に出てくる最後の一文だ。(p148からp155)
私はいつもここの文章を読むと、どうしても泣いてしまう。
切ないというより、もっと、胸に痛くて。

本の内容はというと、『西荻夫婦』というタイトル通り、西荻窪に暮らす一組の共働き夫婦の日常生活の漫画だ。夫のナイトーさんは漫画家。妻のミノワさんは会社員。
2人は元々友達で結婚して7年、付き合って8年。主にミノワさんの視点で2人の日常や思い出が淡々と描かれている。
漫画の中で使われている風景は、西荻窪で実際に撮った写真が多く、住人には2人がどこを歩いているか、手にとるようにわかることだろう。

私はこの漫画の『空気』が非常に好きだ。まだ10代の学生時代にこの漫画に出会った。この本を読んで西荻窪という土地に行ってみたくなった。そして実際出かけて、西荻窪の駅に降りた時、この漫画の『空気』と同じものを、この街にも感じた。
そして、今20代の私は西荻窪に暮らしている。

いつのまにか… わたしたちは街にとけこんでいる
ときどきそれがうそくさく ときどき他人事のよう
(西荻夫婦p112とp114より)

私が西荻窪に暮らすきっかけとなった本。
貴方にとってはこの本で、どんな西荻窪を感じられるだろうか。

西荻夫婦
出版社: 祥伝社

■登場する実在のお店
『西荻 長崎亭』…ちゃんぽんのお店
『鳥介』…焼き鳥屋
『甘いっこ』…甘味屋
『戎』…焼き鳥屋
『それいゆ』…喫茶店
『NEWBURY CAFE』…カフェ
(ローストビーフの『真砂』は閉店)

文・取材 / raku
青色申告会

特集コラム

5周年記念「西荻おわら節」決定!

2016/08/18

5周年記念「西荻おわら節」決定!

2016年で第5回目を迎えた「西荻おわら風の舞」は、年々、地域住民以外の来場者も増え、演舞会場と…

続きを読んでみる

西荻の人たちと一緒に「輪踊り」を踊ろう!

2016/08/18

西荻の人たちと一緒に「輪踊り」を踊ろう!

「西荻おわら風の舞」で、越中おわら節同好会「高尾会」によって行われる「町流し」「組踊り」は見事で…

続きを読んでみる

第5回「西荻おわら風の舞」開催

2016/08/18

第5回「西荻おわら風の舞」開催

「西荻おわら風の舞」のベースとなっているのは、富山県富山市八尾町で9月1日から3日ま…

続きを読んでみる

メールマガジン

ライター募集